当社の料金体系について

日本国内のМ&A仲介会社の報酬体系は、ほとんどの会社がレーマン方式と呼ばれる。譲渡対価に対する定率の報酬額、プラス最低価格方式となっています。

 大体が譲渡対価に対する5%(5億円以下の場合)、最低価格500万というところが相場です。これは、譲渡(売り)側、譲受(買い)側双方の負担が必要です。

ここで注意が必要なのですが
譲渡対価という場合、通常、М&Aでの譲渡価額ではなく、大体の会社は、譲渡総資産額になります。
М&A譲渡価額に、有利子負債をプラスしたものになります。

当社のМ&A仲介報酬は、有利子負債を含まない、譲渡価額に対してのみの仲介料(5%)としております。
※最低報酬額は、売り手50万円、買い手500万円としております。

計算例で示すと

譲渡価額6千万、有利子負債2億円の会社の場合(譲渡対価2億6千万)

譲渡資産総額(譲渡価額+有利子負債)方式

譲渡対価=買収価額(6千万)+有利子負債(2億)=2億6千万円
仲介料=2億6千万×5%(報酬料率)=1300万売り手、買い手双方

譲渡価額方式(当社)

譲渡価額(6千万)×5%(報酬料率)=300万
買い手仲介料500万円(最低報酬500万のため) 売り手仲介料300万円

以上から、お分かりいただけるように、当社の仲介報酬方式は、一般相場に比べて、シンプルかつリーズナブルな設定となっております。
※譲渡価額に対して、役員退職金等経費は含まれます。

特に、売り手企業にとって最低価額が50万とメリットの大きいものとなっています。

無料ご相談・お問い合わせはこちら

画像をアップロード

相談申込フォーム

ご意見・ご質問・お問い合わせ